骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

刀剣類の登録方法

419 views
約 12 分

刀、薙刀(なぎなた)などの刀剣類や火縄銃の買取には「銃砲刀剣類登録証」が必要です。

お持ちでない方は取得をお願いいたします。

  • 古い蔵から日本刀が見つかった
  • 押入れを片付けたら古い日本刀が見つかった
  • おじいちゃんが戦争に行っていた時の銃剣が出てきた

このような場合は登録が必要です。

新しく、日本刀、火縄銃が見つかった場合は速やかに最寄りの警察の生活安全課に連絡してください。

登録できるものは、おおむね慶応3年(1867年)以前に製造された日本製銃砲、同年以前に日本に伝来した外国製銃砲、日本刀として伝統的な製作方法によって製造され、鍛えられた刀剣類です。

にっこにこ太陽古美術店イメージ銃砲刀剣類登録証の登録までの流れ

  1. 最寄りの警察署の生活安全課に、未登録の刀剣類が見つかった旨を連絡し、登録証の無い刀剣類を持ち込みます。
  2. 必要な書類に記入を終えると「刀剣類発見届出済証」を発行してもらえますので、それと見つかった刀剣類を持って帰ります。
  3. 届け出した警察から各都道府県の教育委員会に「刀剣類登録希望者通知書」という書類をを送付してもらえます。
  4. 登録希望通知書が教育委員会に届いたら該当の刀剣類が保存するに値するかどうかの登録審査会というものを開くため「登録審査会通知書」が届きます。
  5. 指定された日時に教育委員会に持ち込み、審査を受けます。
  6. 当日は審査員が形や長さなどをチェックし問題がなければその場で登録証が発行されます。

 

*1:の警察に該当の刀剣類を持ち込む際には見つかった家の家族が持ち込む必要があります。(代理人は認められませんのでご注意くささい)

*2:刀剣類の発見した届出をした本人からの委任状があれば、登録審査会に代理人が出席可能です。

*3:登録料、ひと振りにつき6000円+税がかかります。

銃砲刀剣類登録証

 

日本刀、短刀、脇差、薙刀(なぎなた)などの刀本体には銃砲刀剣類登録証がひつようですが、

鍔(つば)、拵え(こしらえ)、目貫(めぬき)などの小道具類だけでしたらこの登録票は必要ありません。

 

にっこにこ太陽古美術店イメージ各都道府県の教育委員会連絡先

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。