骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

鏨の華

145 views
約 4 分

にっこにこ太陽古美術店 ファビコン大阪歴史博物館で光村コレクション

大阪歴史博物館はNHKのビルの中なので最近やっている西郷どんのセットがあり一杯見に来て写真を撮っていました。

私は全く興味がないのでその場所はスルーして、光村コレクションの刀装具コレクションの会場に一直線でしたが。

コレクションの内容は刀の拵の一部である鍔(つば)・小柄(こづか)・笄(こうがい)頭・鐺(こじり)が多くこれらはセットになっているものが多く、モチーフを合わせて京都の名所図を各所で描いたり、波の模様が全てに入っていたり、動物をモチーフにした図柄であったりと大変貴重あなコレクションだったと思います。

鏨の華 光村コレクション

残念ながら今日までの開催ですが、刀本体は美術品として見てもわからにくいところもありますが、拵えは見れば確実に美術品ということが判ります。

なぜなら、これらの作品を見ると髪の毛より細い線を金で表現したり、1センチ角の中に紅葉の葉っぱを象嵌で埋め込みさらに立体的に見えるように高低差を付けて、葉っぱの葉脈まで表現したりと芸が細かい。

仏像などをモチーフにしたものは立体感が凄くそれだけでも一つの芸術品になっていました。

その他表面を梨肌に仕上げるため細かい点をタガネで打って表現したりと恐ろしく細かい細工が施されれいるのですぐに判ります。

にっこにこ太陽古美術店 ファビコン図柄は象嵌で

各箇所の模様は象嵌で作られているものが多く、その方法も多岐にわたり、高象嵌や平象嵌と言った技法で作られていました。

金属の種類で色を変化させさらに薬品を使って同じ赤でも濃い赤薄い赤、黄色がかったものや青みがかったものなど微妙な変化を持たせて作品が作られていました。

象嵌の技法は溝はまっすぐ直角に彫り、埋め込む金属の形を変えることで平象嵌になったり高象嵌になったりします。

高象嵌ははめ込む金属を台形にして隙間を作り、溝の角を叩いて潰すことで抜けないようにしています。

平象嵌ははめ込む金属を扇状にすることで溝のサイズより大きく表面を叩くとカッチリ溝にはまり込みます。

表現したい物によって高象嵌や平象嵌を使い分けているので、紅葉の葉っぱは高象嵌ではめ込み、作者の印影を表現する部分は平象嵌で作っていました。

さらに時代付けと呼ばれる古く見せる技法や、墨を酒で擦ることで表面をコーティングしたり、水銀と金を混ぜたものを鹿革で包んで絞ることでアマルガムと云う合金を造り鍍金(金メッキ)の材料にしたりと、金属の加工方法のバラエティーが凄いありました。ありとあらゆる方法で金属を加工し一つの作品が生まれていると思うと凄い知恵だと感心しきりでした。

金アマルガム法による鍍金
日本で古墳時代以来使われているめっき法で、「消鍍金(けしめっき)」などと呼ばれた。水銀は常温で液体状態にある金属である。水銀に金を近づけると溶けるように金を吸い込み、金アマルガムになる。金アマルガムから、鹿皮や反古紙などによって余分な水銀を搾り出し硬度を調整する。鍍金を施す銅の表面を磨き上げ梅酢などで清浄し、均一に延ばし火にかざすと水銀の色が抜けて金色に変化する。およそ350℃で水銀が蒸発するためである。この状態では鍍金表面には細かい粒子凹凸が残っているので、鉄ヘラのようなもので丁寧に平均化する、ヘラ磨きという作業を行い完成する。
金アマルガム法による鍍金:Wikipediaより

殆どが拵えの一部で鍔(つば)・小柄(こづか)・笄(こうがい)頭・鐺(こじり)が多かったです。

鞘や刀剣本体などは割りに少ない印象でしたが、見事なコレクションで。またあれば是非観たい美術展でした。

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。