骨董品買取|茶道具や掛け軸もお任せ「にっこにこ太陽古美術店」

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

茶道具

三千家の茶道や煎茶道のお装具

狩野尚信の虎

古美術品という美しいものだけが残る

骨董品は高いのか? 骨董品や古美術品が高いのは希少価値があるとか古いからだとかといった理由で高いのではない。 高価な理由は誰もがほしいと思えるもので数が少ないから高くなる。もの凄い古いものでも沢山あるものは安く売られていたりする。 例として...
大西清右衛門美術館チケット

大西清右衛門美術館に行ってきました

以前、同じ千家十職の中で唯一、大西家と樂家だけが美術館を併設しているウチの一つ大西清右衛門(おおにしせいえもん)美術館に行ってきました。 千家十職の釜師 大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の職家。代々清右衛門を名乗る。京都市中...
茶道具

表千家と裏千家って何が違うの?

三千家 表千家と裏千家の他に武者小路千家というのがあり、この3つの家が利休の茶道を引き継いでいると言われれる三千家(さんせんけ)と呼ばれます。 表千家 利休茶道の本家筋に当たる家柄で、利休から数えて3代目の宗旦が隠居する際に三男の江岑(こう...
富岡鉄斎 京都の街に遺る足跡を探しに

富岡鉄斎 京都の街に遺る足跡を探しに

最後の文人 万巻の書を読んだと言われる最後の文人富岡鉄斎 絵を書くことは独学だった鉄斎は画題や技法を学ぶことはもちろん紙や墨、印などにも興味を持ち勉強していたそうですが特に印は自らを「印癖(いんぺき)」と呼ぶくらい大好きだったみたいで六百顆...
八橋蒔絵螺鈿手箱 尾形光琳作 国宝 東京国立博物館蔵

中古品と骨董品の違い

春になると多くなるお問合わせ 春になると多いのが雛人形と五月人形の買取依頼です。 みんな春になると飾るのが面倒くさくなってそのままになっている雛人形や五月人形のことを思い出すのかこの時期はよく問い合わせをいただく。 結果としてはお断りするこ...
樂美術館

樂美術館に行ってきました

一楽・二萩・三唐津の一つ楽焼の美術館に行ってきました。 楽焼といえば千家十職の一つでもあり、もともと瓦職人だった長次郎の腕に惚れ込んで茶碗を焼かせたのが始まりと言われています。 その楽家も15代まで続き、今年の春には16代目の篤人(あつんど...
轆轤

一楽・二萩・三唐津が好きなのだ

昔から利休系の茶道では茶人たちに好まれている。 平安時代から今日まで続いているやきものの産地は瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前・越前があり、これらは六古窯と呼ばれているが、その後磁気や陶器の誕生とともにたくさんの産地が生まれました。 美濃焼や瀬...

ご相談はお気軽に

フリーダイヤル

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。