にっこにこ太陽古美術店のやさしい買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

表千家 ( 2 )

千利休からみて4代目が始めた流派で利休の離れから見て表側に家があったのでそう呼ぶようになった

茶入れ

濃茶には茶入れが必要?

茶入れというと、同じくして出てくるのが棗ではないでしょうか。同じ抹茶を入れる為の道具ですが、茶入れは濃茶、棗は薄茶と使い分けられている感があります。特に替える必要もないのですがね。 茶入れの定義 定義としては陶器製であることが大前提で象牙で...
野点

茶事において花入は重要なアイテム

花瓶から花入れへ 10世紀頃、中国で花を活けて飾るための花瓶が生まれたそうで、それが室町時代ごろまでそうよばれていた。 桃山時代に入って花入れと呼称が変わった。 この頃は花瓶と花入れの変わる過渡期で、唐物と呼ばれる中国で作られ日本に入ってき...
茶道具

茶道具 買取

  茶道具の買取はにっこにこ太陽古美術店におまかせ 「捨てるのも勿体ないし」かと言って「誰も興味がないし」とお思いの「茶道具」ですが、もしかしたら職人の個性が光る逸品の茶碗、使い込まれて渋みを増した銀瓶や鉄瓶のほか、釜や建水、水指...
野点

千家十職まとめてみました

茶道には独特の作法が存在し使用される道具には工夫が必要とされていました。 利休は独特の感性や好みで道具を選んでいた為初代楽吉左衛門の茶碗であったり、京釜師であった辻与次郎の釜などを好んで使用したと言われています。 17世紀末頃に現在に繋がる...
表千家13代 家元 即中斎 屏風

家元の箱書き

お茶道具の中でも高価買取出来るものの中に家元が箱書きしたお道具があります。 そもそも箱書きとは 茶道具などの器物を収納する箱に茶道の世界では茶道具の価値をいっそう高めるためのもので 大名・茶匠・数寄者・所蔵者・茶道具の作者によるものや、三千...

ご相談はお気軽に

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。