にっこにこ太陽古美術店

骨董品や古美術品のやさしい買取

表千家

千利休からみて4代目が始めた流派で利休の離れから見て表側に家があったのでそう呼ぶようになった

樂美術館

樂美術館に行ってきました

一楽・二萩・三唐津の一つ楽焼の美術館に行ってきました。 楽焼といえば千家十職の一つでもあり、もともと瓦職人だった長次郎の腕に惚れ込んで茶碗を焼かせたのが始まりと言われています。 その楽家も15代まで続き、今年の春には16代目の篤人(あつんど...
轆轤

一楽・二萩・三唐津が好きなのだ

昔から利休系の茶道では茶人たちに好まれている。 平安時代から今日まで続いているやきものの産地は瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前・越前があり、これらは六古窯と呼ばれているが、その後磁気や陶器の誕生とともにたくさんの産地が生まれました。 美濃焼や瀬...
土鍋

六古窯プラスおまけ

日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの窯の総称 1988年(昭和63年)から、シンポジウムや交流事業などを行う日本六古窯サミットが行われている 産地 越前焼:福井県丹生郡越前町 備前焼:岡山県備前市伊部 信楽焼:...
銀瓶

銀瓶と云う名のただの薬缶

金瓶・銀瓶・鉄瓶という薬缶 銀瓶や鉄瓶などの瓶とは、やかんと同じ使い方をする金属製の湯沸しの事です。 普段遣いに湯沸かしに使うこともありますが、茶道や煎茶道などの茶事にも重宝されますが、鉄瓶は鉄の味がお茶に移ると言ってあまり使わず銀瓶や金瓶...
大燈国師筆(だいとうこくし) 梅渓(ばいけい)

茶事において第一のお道具 茶掛け

掛け物について 茶道における掛け物といえば茶掛けと呼ばれる普段床の間に飾る掛け軸と少し趣向が違うものをかける。 まず、条件として床の間に飾って崇拝するのであるから崇拝できるものでないといけない。崇拝の意味は必ずしも高価であるとか偉い作家が書...
桐の箱

イッパイ欲しいは虚しい

釜一つあれば茶の湯はなるものを 数の道具を持つは愚かな これは茶釜だけあれば茶の湯が出来るというものではなく、茶入れや茶碗、茶杓も一通り揃えていないと茶の湯は出来ないが、アレもこれもと道具を揃えるというのは愚かなことだと利休は言っている。 ...

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。