骨董品買取いたします

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

終活は50代から

549 views

60・70代になってから終活を始める方が多いです

この年代になってから、不要なものを片付けたり整理するのは面倒でツイツイ疎かになっていまい、何も片付けないまま遠い所に行ってしまい後に残された人が片付けています。

実際に遺品整理をしているので価値のあるモノがないか見に来て欲しいと言うご連絡をよくいただきます。

特に女性に多いのですが何でも溜め込んで取っておく人。

この傾向にある人は要らないものを沢山取っておいて必要なものを捨ててしまうか見つけられないように見失ってしまっています。

都会に住んでいる人は土地の値段も高いので庭や離れを建てられるような大きな土地に家を建てていない人が多いですから、割に不要なものを捨てている傾向にあります。

当社のある岸和田などは土地の価格も安く、古い家が多いので庭に車を3台駐車してさらに家庭菜園を出来るくらいの庭があったりします。

そういった家では保管する場所が多のかツイツイいろんなガラクタを溜め込んでおり、下手したら3世代分のガラクタが残っていたりもします。

40代後半から考える終活

40代も前半からでは無く、後半からが良いと思います。

この頃になると早い人なら孫をみている人も出始めますね、これくらいからボチボチと不要なものを捨てていくことをオススメします。

ゴミも一気に出すと業者に頼まないといけなかったりします、そうなると費用も馬鹿になりません。小出しに出せば家庭用のゴミでなんとか出すことも可能です。

余計なものを買わない

これが一番いいのかもしれませんが、子供が小さいウチは色んなモノが増えます、学校で作ってきた工作物や夏休みの自由研究などで作った物などなかなか捨てられませんので残っていきます。

子供の作品などはスマホで写真にとって思いでだけ残して本体は捨てるほうがいいですね。

デジタルデータなら色褪せることもないですしプリントアウトしてもそんなに嵩張らないですしオススメです。

あとはテレビの通販番組やイオンなどの大型ショッピングモールで売られているような便利グッツなど、100%使わなくなりますので購入しないことです。

要らなくなればメルカリやヤフオクで売ってしまえばいいやと思いますがまず売れません。

貴方の要らないものは誰も欲しがりません

余計なものは買わないに越したことはありません。

保管場所が多い

店主の実家は田舎なので家が広いのもありやたらとものがあります。母親が物を捨てないのでドンドンと溜まっていったからです。私が2・3歳の頃遊んでいた犬のおもちゃなど未だに置いています、自分の子供が同じように2・3歳の頃遊んでいました。約40年位保管されていたことになります。

物持ちが良いというのも良いのですが、出来るだけ捨てていくほうが後に残された人には良いですね。

逆に都会の家など家賃が高いところだと押し入れにしまっている不用品のために月に数万円の家賃を払う羽目になっているところもあるので、できるだけ要らないものを捨てる人が多いので家がスッキリしています。

最後にまとめると

断捨離などのときめかないものを捨ててほんとに必要なものを手元に残すという事を言う人もいますが、そもそも物を買わない方が良いです。

テレビで日々垂れ流されている情報を見て「あれいいなぁ」「今はこれが流行っているんだ」などと言ってステルスマーケティングなどの罠に騙されて余計なものを買わないように、自分で考える癖をつけて行かないといけません。

そうすれば余計なものも増えず、ゴミも減ります。

そう言うと経済が成り立たないという事を言いますが、それは企業の提灯記事を書いている御用経済学者であってそんな奴のことなど無視して大丈夫です。

みんながしっかりと必要なものを見極めるようになると企業もそれに合わせて高くてもしっかりしたものを作るようになります。

それがものづくり日本の復活にもなりますし、しっかり作られたものならリユース出来ますので環境にもいいでしょう。

 

遺品整理以外でも買取できるものがあります

 

古いもの全般 買取可能です遺品整理はお任せください

お引越しの片付けから遺品整理までお片付けの費用を削減するお手伝いいたします。昔から家にあるが古くて良くわからないものから茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵や春画などの古美術品の処分はお任せください。

詳しい骨董品の買取はこちらを御覧ください

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

古いもの全般 買取可能です遺品整理はお任せください