骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

六古窯プラスおまけ

63 views
約 9 分

日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの窯の総称

1988年(昭和63年)から、シンポジウムや交流事業などを行う日本六古窯サミットが行われている

産地

  • 越前焼:福井県丹生郡越前町
  • 備前焼:岡山県備前市伊部
  • 信楽焼:滋賀県甲賀市
  • 瀬戸焼:愛知県瀬戸市
  • 常滑焼:愛知県常滑市
  • 丹波立杭焼:兵庫県篠山市今田町立杭

越前焼

越前焼(えちぜんやき)は歴史が古く平安時代には有ったと言われている。
釉薬を使わない焼き物で窯の中を高温にるする事で焼成されるとき流れ出した薪の灰が溶けて器に掛かることで自然な形の風合いがキレイなので人気がある。

越前焼の名前は戦前まで特に名前が無く織田焼きと呼ばれていたが戦後になって日本六古窯の中にあげられたときに小山富士夫らが越前焼と名付けた。

他の焼き物は江戸時代になると茶道具などの茶器を焼いていたが越前焼はそれらの美術品を焼くことはなく、壺やすり鉢などの生活用の陶器だけを焼いていた。
江戸末期から明治にかけて後継者不足や需要の激減から一時衰退の危機もあったが、1970年(昭和45年)に作られた越前陶芸村に若い作家や窯元が増えて復興していった。

備前焼

岡山県備前市周辺で生産される炻器(せっき)

別名、伊部焼(いんべやき)とも呼ばれている。

炻器とは磁器と陶器の間の特徴がある陶器

備前焼の歴史は古く、古墳時代の須恵器に始まるようで鎌倉時代初期には還元焔焼成による焼き締め陶が焼かれるようになり、鎌倉時代後期になると今のような茶褐色の陶器が焼かれるようになるり、水甕やすり鉢が多く作られ、室町時代になると茶の湯の発展で茶道具もたくさん作られたが、茶道の衰退とともに備前焼も廃れていったが、この頃までを古備前と呼んでいる。

製法は高温で焼き締められることで、灰が溶けて自然釉になり降りかかることで景色が変わっていく。

茶褐色の色は田んぼの地下5mのところの土と、鉄分の多い土を混ぜて使うことで酸化しあの赤い色が生まれる

岡山県は瀬戸内海に面しているので、そこから船に乗って日本中に運ばれたのですが途中で難破し沈んでしまったものも多くありました。

それを昭和に入り、潜水技術も上がった頃、引き上げ作業が盛んに行われ、海の底から引き上げられた古備前には貝がついていたり、長年海の底で眠っていたことで独特の雰囲気があり「海揚がり」と呼ばれ好事家によろこばれました。

他の炻器の種類

須恵器系

古代朝鮮で焼かれていた焼き締めの技術が古墳時代の日本に伝わり、作られたものを須恵器と呼ぶ。この流れを汲むのが備前焼、信楽焼、丹波焼、大谷焼などの焼き締めで、胎土に鉄分が多く含まれるので、褐色を呈する。一部を除きあまり装飾を施さず、地肌の風合いを楽しむが、焼成の過程において灰が降り掛かって自然釉がかかったり、炎により火襷(ひだすき)、牡丹餅などの模様が現れるのを愛でる。また意図的にそれらを促す工法をとることも多い。「青備前」は、通常酸化焼成されるものを、還元焼成されることで得られるが、特殊な方法として焼成中に塩を投じて青備前を焼成することもできる。

紫砂系

もともと磁器も生産していた中国宜興で明の頃から作られ始めたもので、鉄分の多い胎土を使った、無釉で紫褐色 - 赤褐色の焼き物。色により紫泥、朱泥、緑泥などに分ける。茶壷(急須)などの茶器や植木鉢が多い。17世紀以降喫茶の習慣とともにこの茶器がヨーロッパに大量に輸出され、イギリスのジョン・ドワイトやジョサイア・ウェッジウッドがこれを模倣したものを制作した。特にウェッジウッドの「ロッソ・アンティコ」は有名で、中国風の他古代エジプト風意匠の器物も多く作られた。一方、日本でも幕末の常滑において朱泥の製作が始まり、清から陶工を招いて技術を学び、本格的に生産されるようになった。また萬古焼でも紫泥の生産が開始され、これらにおいて急須や茶碗、植木鉢、土鍋などが現在でもよく作られている。表面の肌理が細かいものが多く、長く使い込むことによって艶が生じ、それにより美的価値も上がるとされる。なお紫砂の表記は中国陶芸で主に用いられ、日本では一般的に紫泥という。

ライン炻器

ドイツ、ライン河畔のラインラント諸都市で作られた、青備前と同様塩(岩塩)によって施釉する炻器。ローマ帝国の陶器技術が伝えられ残存、発展したものとされる。7世紀頃から発展が始まり、9世紀頃には次第に高温焼成ができるようになり、焼き締めの炻器となっていった。10世紀頃にはピングスドルフ、バドルフなどで生産され輸出もされるようになった。食塩釉が施されるようになるのは14世紀頃からである。ジークブルクで作られ始めたものは、16世紀には非常に白くて硬質の炻器に改良された。一方ケルンで茶褐色を呈する炻器が15世紀に生まれた。製品は髭面の男の顔の浮き彫りが施された壷や水差し、マグなどが主で、これは16世紀にケルンの隣のフレッヒェンに生産が移り、さらに17世紀にはライン川上流のヴェスターヴァルトに中心が移り、彩色を施した塩釉炻器が作られるようになった。これらを総称してライン炻器と呼ぶ。17世紀後半にはジョン・ドワイトによりイギリスでも作られるようになる。

イギリス炻器

ジョン・ドワイトのほか、18世紀末にはイギリスでも何カ所かで塩釉炻器が作られ始め、一時は盛んに作られた。その後日用品としては陶器のクリームウェアに次第に圧されて下火になったが、装飾品としてダルトン等のメーカーにより20世紀初頭まで作られていた。一方、ジョサイア・ウェッジウッドが炻器の研究に取り組み、いくつかの優れたウェアを生み出した。それには先に挙げたロッソ・アンティコをはじめ、スタッフォードシャー地方の黒色炻器を改良したブラック・バサルト、ウェッジウッド社の主力製品であるジャスパーウェア、黄色が主体のケーンウェア、泥色のドラッブウェア、マーブル模様のアゲイトウェア等があり、特にジャスパーウェアは非常に好評を博し、洗練された新古典主義的デザインも相まって、ヨーロッパ中を風靡した。

出展先:wikipedia 炻器

常滑焼

常滑焼といえば朱泥の急須が有名ですが、以外と古い歴史があり、1100年頃(平安時代末期)頃に同じ愛知県の瀬戸焼きの技法の元となった丘陵地の地下空間を作りそこで陶器を焼く穴窯と呼ばれる猿投窯(さなげよう)が伝わったと考えられています。

 

誰が始めたかという資料が残っておらず不明なままですが、安土桃山時代頃から文献が残るようになりその頃からわかるようになってきました。

 

常滑のやきものとといえば、朱泥(しゅでい)の急須ですが、これは江戸末期の頃の医者であった平野忠司は煎茶好きでも有名でいろんな茶器を集めたいたのですが、そのコレクションの一つ紫砂ティーポットを杉江寿門堂に見せ同じようなものが作れないかと相談したのが始まりだそうです。

 

その後、試行錯誤がありましたがなんとか完成させ、今の朱泥の急須が広まっていきました。

瀬戸焼き(せと やき)

愛知県瀬戸市およびその付近で作られる陶磁器の総称を言いう

地名の元となる瀬戸とは、濃尾平野から東にあたる尾張丘陸の一角で瀬戸郡層と呼ばれる上質な陶土が産出されていたことから陶器作りが盛んで「陶所(すえと)」と呼ばれており、それが訛って瀬戸になったそう。

瀬戸焼きは茶碗や湯呑みなどの食器から茶の湯の茶碗や茶入れ、壺や鉢など様々なものが焼かれているオールマイティーなところから「セトモノ」と呼ばれるようになったのでしょう。

そんな「セトモノ」という呼び方は大 阪や京 都などの近畿地方から中部地方や関東など東の呼び方で中国地方や九州では唐津物と呼ぶそうで、どちらも陶器の生産地として有名なところです。

瀬戸焼きの歴史

平安時代に愛知県豊田市で須恵器を作る猿投窯(さなげよう)という焼き物がありそれが原点と考えられているがその猿投焼きは平安時代の末期に無くなってしまったので詳細は不明。

また加藤四郎左衛門という人物が1223(貞応2)年に中国に渡って作陶を学び帰国後、瀬戸で窯を開いたのが始まりとも言われていて、神社に陶祖として祀られている。

その後、室町時代に入ると戦が多くなり作陶が厳しいこともあり陶工たちが離散してしまい瀬戸焼きは一時期衰退していった。

戦国時代も終わりに近づき織田信長が瀬戸焼きの陶工を呼び戻して瀬戸焼きは再生されていくのですが、伊万里焼などの磁器がブームになり江戸時代をピークに再度衰退していく。

しかし、磁器も焼くようになった瀬戸焼きは市場を取り戻すことができ、今ではありとあらゆる陶器が焼かれているので陶器のことを「セトモノ」と呼ばれるようになったのではないでしょうか。

信楽焼(しがらき やき)

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる炻器(せっき)で、8世紀ごろ聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を造成するときにそこに使う瓦を焼いたことに始まるそうで日本六古窯のひとつに挙げられています。

今ではタヌキの置物の方が有名ですが、かなりの歴史がある陶器なんです。

炻器は陶器と磁器の中間的な性質を持つ焼き物で半磁器、焼締めとも呼ばれる。釉薬を使わず高温で焼かれるため、丈夫で耐水性にも優れており、甕やすり鉢・茶壺などが作られています。

丹波立杭焼

丹波焼、または立杭焼ともい越前焼同様生活雑器を焼いてきた窯で歴史は古く平安時代まで遡ることが出来る。 丹波焼の特徴は赤っぽい土肌と自然に掛かる自然釉が特徴で、江戸時代になると登り窯で焼かれるようになったので大量生産が可能になり、大量生産できるすり鉢が人気で一時は東日本で瀬戸焼とシェアを二分していた時期もある。 小堀遠州等の影響により、茶碗、茶入、水指といった茶器の分野においても数多くの銘器を生み出し、京焼や美濃焼の技法に習い釉薬を使った焼き物が多く作られれるようになり江戸時代後期には日本中に名前を轟かせる作家も排出していった。

おまけの美濃焼

六古窯ではないのですが日本中で一番多いのが美濃焼です。

岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・笠原町で生産されるやきものの総称で志野焼・織部焼・瀬戸焼なども美濃焼の一種。食器としての美濃焼のシェアは約60%と実に多く和食器から洋食器、磁器も焼かれていて、食器以外ではタイルなども生産されており、どの家にも一つは美濃焼の製品があるのではないでしょうか。

 

ご家庭に眠る骨董品 買取いたします

にっこにこ太陽古美術店イメージ昔から家にあるが古くて良くわからないものから
  茶道具や掛け軸などの骨董品
  浮世絵や春画などの古美術品がございましたらご連絡ください

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

ご家庭に眠る骨董品 買取いたします

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。