骨董品 買取のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

薄茶には棗ってホント?

230 views
約 3 分

にっこにこ太陽古美術店イメージ薄茶はサラッとしている

茶道には濃茶と薄茶というのがあり、一般的にイメージがある茶筅で点てたお茶は薄茶を指すでしょう。さらっとしていてすっと飲めるタイプを言います。

コレは裏千家が主に広めたようで、茶道イコール裏千家というイメージがありますがコレは今の家元のおじいさんの時代14代淡々斎碩叟が戦後、茶道の学校教育への導入を働きかけた結果と言われています。なので抹茶イコール薄茶のイメージになるのでしょう。

本来は表千家のことを千家と呼んでいたのがいつの間にか裏千家が勢力を伸ばしてきたので、分家であった武者小路家も合わさって三千家と呼ぶようになったようです。

三千家と言っても持ち場が違いバッティングしない様になっているようで、一般的な大衆茶道は裏千家、高価なお道具を集められる数寄者のお金持ちに特化した表千家という具合に、武者小路千家は表千家の分家扱いだあったので同じような数寄物のお金持ちが集まるのでしょう。

なので、茶道を始める際はお金がかかってもいいからと言うのであれば表千家、お金がないけどやりたいというのであれば裏千家と考えてみてはいかがでしょう。と言っても茶道を始めるならそれなりの費用はかかるのですがね。

ちなみに和歌山は紀州徳川藩が庇護していたので表千家が多いです。

話が脱線してきましたが、薄茶の手前には棗を用いるのが多いようです。たまに茶入れを使ったりもしますがその時は茶入れと呼ばず小壺と呼ぶそう。

濃茶って薄茶の三倍くらい抹茶を使って点てると言うより煉るというくらいなので濃いドロッとしたお茶が点てられ、濃すぎるので一人では飲みきれないため数人で回し飲みするので、口をつけた所を外すため三回廻したりするのです。

飲み屋ならオネーチャンの口を付けた所を狙って「どっから飲んだん?」って聞いてから飲みますけどね(笑)

茶の湯の時にそんなこと言っていたら掘り出されるので注意が必要です。

にっこにこ太陽古美術店イメージ形は様々

薄茶器に使われるのは漆器のもので形が植物の棗(なつめ)に似ていたことからこう呼ばれるようになったがバリエーションはいっぱいある。

棗の形のものから、茶筒のような形のものや変わり種もイッパイ。

ちなみに利休好みのものは真っ黒の棗型で装飾など一切ない。この中に抹茶を入れたら棗の黒と抹茶の緑が合わさってとても綺麗に見えるからか、利休は愛したのでしょう。

にっこにこ太陽古美術店イメージ根来薬器

男性の数寄者が所蔵したい道具の一つと言われている。

胴の張りと蓋のくりの強さ、バランスや引き締まった立ち上がり、時代を感じさせる朱の漆の剥げ具合などどれをとっても美しい

根来薬器
                      引用元:淡交社出版 茶道具の世界6 棗替茶器より

その他一般的に棗といえば黒で蒔絵のものが多いのではないでしょうか

 

棗(なつめ)など茶道具 買取ます

にっこにこ太陽古美術店イメージご不要な茶道具や煎茶道具
お稽古用でも高価買取いたします

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

棗(なつめ)など茶道具 買取ます

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。