骨董品買取いたします

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

掛軸って骨董品として買取してもらえる?

83 views

骨董品としての掛軸について

日本中で一番多い絵画と言えば掛軸でしょう。その歴史は古く鎌倉時代にも遡るといわれていて、中国から伝来した仏画を床の間に飾る習慣から花鳥風月や書画などの美術品を飾って行くスタイルに変わっていきました。
そんな掛軸は日本では絵画の代名詞とも言えるくらい何処のおうちでも有るようなものでしたが、昨今床の間のないお家が多いことから掛軸自体の需要も減ってきたこともあり、掛軸に関して言うと欲しいと云うより売りたいというお話のほうが多くなりました。
しかしそんな掛軸も伊藤若冲、酒井抱一、横山大観や円山応挙などの有名作家の掛軸などでしたらは国内外問わず人気の作家で需要もあり数百万円で取引されているものもあります。

幅広い掛軸を買取しております。

掛軸

なきご親族が集めていた掛軸を引き継いだが価値がわからない、お家に掛軸を飾るための床の間がないなどご不要な掛軸をやさしい買取いたします。

作者が分からない「表装していない」「汚れているなど」でも大丈夫。掛軸鑑定のスペシャリストが誠心誠意ご対応させていただきます。

掛軸に限らず骨董品全般に言えるのが定価がないという事。どうしても欲しいという方が多いものは高くなり、そうでないものは安いと
言った傾向があります。
当社では世界に売却ルートを持っていて高く再販するノウハウがあるため高く買取が可能です。

骨董品の掛軸の買取強化中の作品・作家について

狩野尚信の虎の絵

日本画は岩絵の具という鉱物を擦り潰してニカワで混ぜた絵の具を使うため粒子が大きく洋画やその他の国で描かれる絵画に比べて取り扱いが大変で、そんな画材を用いて繊細なタッチで描く日本画は、日本人の美意識を表現しているといっても過言ではありません。
その他墨一色で濃淡を表して描く山水画や浮世絵の春画などには金箔を貼ったものまであります。また全面に金箔を張りその上の絵を書く金屏風というものありその世界観はとても奥が深く世界中でコレクターがいるくらいです。

にっこにこ太陽古美術店では、日本画・画賛・古筆・書簡・墨蹟・色紙・短冊・仏画・花鳥画・中国書画・茶掛け・浮世絵・古文書・など掛軸の高価買取をいたします。
以外のお品もお気軽にお問い合わせください。作家名の有る無しに関わらず全て査定いたしますのでお気軽にご相談ください。

にっこにこ太陽古美術店では、ご不要になりました掛軸をやさしい買取で次世代に繋ぐお手伝いをしています。お気軽にご相談下さい。

 

掛軸などの骨董品の他にも買取可能なものがあります

 

骨董品の掛軸 買取はお任せください

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。

骨董品の買取はこちら

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

骨董品の掛軸 買取はお任せください