骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

戦前のものや訪問着など古い着物 買取ります

298 views

にっこにこ太陽古美術店イメージ着物って殆ど着ませんよね

最近の人はは着物を着なくなりました。女性でも一生に着物を着る回数といえば10回くらいなのでは無いでしょうか。

最近ではお年を召した方でも、お葬式の時に着物を着るのだが、自分の喪服があるのにもかかわらずレンタルするという方がほとんどです。

なぜなら、

自分の着物を着ると汚したりしたらクリーニング代が・・・とか、たたみ方を忘れたのでどうやって畳まないといけないのか忘れたなど、めんどくさいことが多いからという方が圧倒的に多いです。

男性なら多い人でも成人式と自分の結婚式くらいでしょう。

ですので100%レンタルで事足ります。

しかし、女性なら着物は特別なものであり、「成人式の時に親御さんが作ってくれたものだから」、「結婚の時に持ってきたものだから」と取っておく方も多いのですが、出来ることなら年に一回くらいは箪笥から出して風を通してあげることをお忘れ無く。

でないとシミが出来ていたり、虫に食われて大事な着物に穴が・・・・と言うことにもなりかねません。

そうならないためにも定期的な風通しが必要です、また着物専用の防虫剤もお忘れなく。洋服用を使うとシミの原因になったりしますので着物用をお勧めします。

着物って大変だなぁ-と思ったあなた!

そうです、思い切って処分してはいかがでしょう。

と言っても、着物って意外と値段がつきません。

値段の付かない着物の特徴として昭和30〜50年台前半に作られたものは、今までで一番着物を作られた時代なのでものすごい数が存在します。なので需要と供給のバランスで価値がありません。

ウールの着物は使いみちがないので100%処分になりますので、その処分料が発生します。ご自宅で処分することをおすすめします。

にっこにこ太陽古美術店イメージ高価買取が可能な着物

古い布や下記のものは高価なことが多いです。

  • 江戸時代に織られた縮緬の着物
  • 作家物の訪問着
  • 藍染の木綿(かなり埃っぽいです)
  • 芭蕉布(バショウ科イトバショウから採取した繊維を使って織られた布で作られた沖縄地方の着物)
  • 珊瑚や象牙や金・銀などの貴金属で出来た帯留めや簪(かんざし)などの和装小物

これらは比較的高価に買い取りが可能です。

にっこにこ太陽古美術店イメージ縮緬の着物

縦糸にのみキツめの撚りをかけることで独特のシボと呼ばれる、凸凹が浮き出る生地のことを指し、京都の丹後地方が有名。

テレビの水戸黄門が身分を明かすとき、「越後の縮緬問屋の光衛門です」というのは全くのデタラメな話で、越後(今の新潟県)では縮緬を織られていなかったのです。

そんな話しはどうでもいいのですが、この縮緬生地の着物や襦袢などで江戸時代に織られたものは、高価買取いたします。

特に柄の細かいものは更に高額で買取いたします。

もしかと思うようなものがございましたら、是非ご連絡ください。

 

越後の縮緬問屋

「越後のちりめん問屋の隠居で光右衛門と申します」聞き慣れたフレーズで聞いたことのある方も多いでしょう。

では、どうしてちりめん問屋と言うようになったのか?

越後には縮緬ではなく縮み(ちじみ)と言う生地があり、縮み問屋ではかっこが悪かったのでフレーズの似ている縮緬になったのではと思われる(勝手な想像ですが・・・)。

この縮緬とは、製法が少し変わっていて、縦糸に撚りの掛かっていない糸を使用し、横糸に右撚り、左撚りの撚りの強い糸を使用し交互に織っていくと、あの独特のしぼと呼ばれる凸凹な生地になるのです。

作り方も手間がかかるので、生地なので高級な着物や風呂敷に使われたり、おしゃれな人は着物の裏地の見える部分に使ったりしたそです。

その、縮緬も、元々は絹だけだったが最近ではレーヨンやポリエステルの物が出回っていて、比較的安価で製造ができるので価格も下がってきています。

ポリエステルの物は洗ったりも出来るが、絹物は水が掛かると縮んでしまうので水が掛からないように気をつけないといけません。

にっこにこ太陽古美術店イメージ着物の材質が判らない方へ

家にある着物が絹なのかそれともレーヨンなどの人口繊維なのか?の判断がつかないと言われる方もおられるので、そんな時はお気軽にご相談下さい。

鑑定士が見させていただきます。

骨董品 買取 茶道具 買取 着物 買取 和本・摺物 買取

中国美術 買取 刀剣類 買取 掛け軸 買取 お酒 買取

 

戦前の着物 買取ます

にっこにこ太陽古美術店イメージ訪問着なら1点から買取可能なものもあります
  古裂(こぎれ)や芭蕉布など古い着物買取ります

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

戦前の着物 買取ます

Comments

コメント

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。