骨董品買取いたします

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

家紋の知識

856 views

家紋には小さいながらも紋様表現の極みを見るような洗練された美があります。

家紋として付ける場合は着る人の改まった気持ちを表し、紋のつけ方による装いの格が重要視されています。簡単にまとめてみました。

 

紋の格を決定する要素は、技法・表現形態・数の三点で、この三要素の組み合わせで格の高さが決まります。

技法

技法による紋の分類には、染め表現の染め紋と、刺繍による縫い紋の2種類があり、染め紋の方が正式で縫い紋は略式とされています。

染め紋のうち、染め抜き紋が最も正式で、他に他に型紙を置いて色摺りする摺り込み紋、線表現した線書き紋があり、これらは着物の地色が薄い場合に用いられます。

縫い紋は金糸・銀糸・白糸・色糸で表され、縫いの技法には菅縫(すがぬい)・芥子縫(けしぬい)まつり縫が多く見られますが、縫い方による縫い紋の格の上下はありません。

表現形態

日向・中陰・陰の三種類があります。図柄を表現する日向紋が最も格が高く、次いで太めの輪郭線で表す中陰紋、細い線で書く陰紋となります。

紋の数

紋の数は多い方が格が高く五つ紋・三つ紋・一つ紋があります

一つ紋  三つ紋

五つ紋

一つ紋は襟の下に一つだけ紋が入っている

三つ紋は襟の下に加え両袖の後ろに紋が入っている

五つ紋は両胸に付いている

以上をまとめると、最も格が高いのが「染め抜き日向五つ紋」になります。

これが必ず用いられるのは黒留袖と黒喪服です。色留袖や色無地にも使われますが、格が高くなりすぎて着る場所が限定されるので、着る人の目的によって選びます。

一般的に色留袖には三つ紋、訪問着や色無地には一つ紋が好まれており、応用も利くようです。

現代では振り袖にはあまり紋を付けず、紋がなくても礼装になります。

紋付の着物をあつらえる時は紋の格の高さと着物の模様のバランスを見極めることが大切です。

訪問着や江戸小紋の場合、古典的で格調が高い紋様なら紋付にふさわしい格があり、略礼装として着用出来ますが、しゃれ味のまさった模様は、紋をつけないで軽い社交着にしたほうがきものが生かされるでしょう。

 

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

着物買取はこちら

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら