骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

イッパイ欲しいは虚しい

144 views
約 4 分

にっこにこ太陽古美術店ファビコン釜一つあれば茶の湯はなるものを
数の道具を持つは愚かな

これは茶釜だけあれば茶の湯が出来るというものではなく、茶入れや茶碗、茶杓も一通り揃えていないと茶の湯は出来ないが、アレもこれもと道具を揃えるというのは愚かなことだと利休は言っている。

本来利休の目指した茶の湯というのは、侘び寂びであり質素の中に日本人としての美意識を感じるというものであった。

にっこにこ太陽古美術店ファビコン裏千家はちょっと違う気がする

本来千家と言うのは表千家のこと言っていた。

それが、裏千家の家元が全国の学校に茶道を教育に取り入れて貰えるように活動したので裏千家が広まり、いつの間にか武者小路千家も一緒になり三千家と呼ばれるようになった。

そんな裏千家ですが、お道具見ると赤や金などを用いた派手な外人好みのお道具が多く椅子に座って茶事を行う作法などを開発されています。

これは世界を意識し正座がつらい外国の方にも茶道というものを広める為に考え出されたものでしょうが、数が増えるとどうしても質が下がります。

裏千家のお免状には沢山の階級があり一つ上がるたびにお免状代が掛かり、自分の習っている先生へのお礼も必要になります、おなじ千家でも表千家の人からするとそんな派手なイメージの裏千家には安っぽいイメージが有り大衆茶道とバカにしていたりします。

かと言って表千家が千利休の事をちゃんと継承しているのかと言うとそうでもなさそうです。確かにお免状の種類は少ないですが、一つ上がるごとに先生へのお礼はありますし、教授になるには20〜30年も掛かるのです。

確かに作法などは利休の考えを受け継ぎ道具も質素なものを使っています、しかし表千家の方はより高価なお道具を持ちそれを集めて、伝来の名品を使った茶会を開く傾向にあります。

にっこにこ太陽古美術店ファビコンこんな事してたらそりゃ茶道人口も減りますね

裏千家にしても表千家にしても道具は沢山必要です。

お免状を貰うたびに家元への免状代、先生へのお礼、さらには盆暮れの付け届け、練習に行くときの着物、先生が茶会を開くといえばお祝いの品やお金を包んだり。

簡単に言ってもこれだけの費用がかかります、それに先生との相性が悪いからと言って辞めて違う先生につくというのも嫌われるそうです。

一生ついていく弟子と師匠の関係になるのだそうで、落語などなら高座を見てこの人に付いていきたいと思う人の弟子にもなれますが、閉鎖的な茶道の世界で師匠を見つけるには知り合いからの紹介や、今では多くなった体験入学のシステムで師匠を見つけるそうです。

にっこにこ太陽古美術店ファビコン若いうちに始めないといけない

茶道でそれなりの地位(茶名を貰う)には20〜30年位はかかるそうです。

裏千家は階級が細かく別れているので各段階ごとに2〜3年、表千家なら1階級上がるのに5〜10年といいます。

そのたびに費用がかかり、毎月のお月謝や盆暮れの付け届けなどの費用も・・・

ただ、茶の湯を勉強するのが楽しいのであれば、ある程度年令を重ねて稼ぎも良くなってから始めても良いのかもしれませんが、それだけでは目標がないので長続きしない人がほとんど(志が無いのと一緒)。

茶名を貰うとか、教授になり人に教えられるようになりたいと云う目標があれば頑張れるのでしょうが、二十歳から始めても30年で50歳になります、そこから10年もすれば還暦。その頃になると膝や腰が痛くて正座ができない人も多くなってきます。そうなると茶道どころではなくなり、折角もらった免状も役に立ちません。

10年足らずで役に立たないことに何十年と掛けて勉強し、それなりの費用もかけてきたのがなんだか虚しいものを感じます。

今の時代はスピードが命で早いに越したことがありません。華道ではなくフラワーアレンジメントが流行るのもそういったことからでしょう。

 

ご不用になりました茶道具 買取いたします

にっこにこ太陽古美術店イメージ家元の書付のお品や千家十職のお品から
  お稽古用まで高価買取いたします

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

ご不用になりました茶道具 買取いたします

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。