骨董品 買取のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

十干十二支(じっかんじゅうにし)

83 views
約 4 分

にっこにこ太陽古美術店イメージ今年の干支は戊戌(つちのえいぬ)

最近は使いませんが、江戸時代くらいまでは十干(じっかん)というのも一緒につかわれていた。

十干(じっかん)とは木の幹が語源で、甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)の十種で「干」とは木の幹が語源で十個の木の幹を表す。

この十干を五行説から[木(き)][火(ひ)][土(つち)][金(ごん)][水(みず)]にあてはめ、それに陽をあらわす兄(え)と陰をあらわす弟(と)を順に組み合わせ次のようによぶ。

甲(こう):(木の兄=きのえ)
乙(おつ):(木の弟=きのと)
丙(へい):(火の兄=ひのえ)
丁(てい):(火の弟=ひのと)
戊(ぼ) :(土の兄=つちのえ)
己(き) :(土の弟=つちのと)
庚(こう):(金の兄=かのえ)
辛(しん):(金の弟=かのと)
壬(じん):(水の兄=みずのえ)
癸(き) :(水の弟=みずのと)

十二支の「支」は幹の枝をあらわしており。
古代中国では動物を使って方角を分けたと言われている。

子(ね)
丑(うし)
寅(とら)
卯(う)
辰(たつ)
巳(み)
午(うま)
未(ひつじ)
申(さる)
酉(とり)
戌(いぬ)
亥(い)

この「十干」と「十二支」を組み合わせると60種類出来上がり「六十干支」または「十干十二支」とよぶ。一巡するには60年かかる。

China 24 cardinal directions

店主の杉本の場合昭和44年(西暦1969年)生まれなので、己酉(つちのととり)なので60年目の西暦2029年もおなじ己酉(つちのととり)になる。昔は60歳になると十干十二支が一巡し生まれ変わると考えられていた。

還暦には赤いちゃんちゃんこを着るのは赤ちゃんに戻るというところから来ているらしい。

その他、十干十二支でよく言われるのが財布を新調する時、使用し始めるのに最適な人言われるのが巳の日(みのひ)。

さらに良いのが己巳(つちのとみ)の日。蛇が二つ並ぶので最良とされる。

にっこにこ太陽古美術店イメージ大体年に6回ある。

2018年は 2月11(土)・4月12(水)・6月11(日)・8月10(木)・10月9(月)・12月8(金)

計算方法は簡単で、十干は甲(こう)〜癸(き)を繰り返し、十二支は子(ね)〜亥(い)を繰り返す10✕12=60なので60日で一周する計算に成る。

年も日にちも同じように繰り返す。

今日2018年1月28日は「戊戌(つちのえいぬ)年 / 甲寅(きのえとら)日」という。

日付 十干 十二支
1月25日(木)
1月26日(金)
1月27日(土)
1月28日(日)
1月29日(月)
1月30日(火)
1月31日(水)
1月31日(木)
2月 1日(金)
2月 2日(土)
2月 3日(日)
2月 4日(月)
2月 5日(火)
2月 6日(水)
2月 7日(木)
2月 8日(金)
2月 9日(土)
2月10日(日)
2月11日(月) 己(つちのと) 巳(み)
2月12日(火)
2月13日(水)

その他、丙午(ひのえうま)年に生まれた女は男の寿命を縮めたり食い殺すといわれていたので出生率が下がったそうです。実際に最近の丙午は1966年でその年は出生率が低かったです。

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。