骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

平成30年6月18日午前7:58 大阪で地震発生

130 views
約 3 分

平成30年6月18日午前7:58 大阪で地震発生

十干十二支で言うと戊戌(つちのえいぬ)年 戊午(つちのえうま)月 辛巳(かのとみ)日 辰(たつ)の刻頃

大阪市北区を中心に震度6の地震がありました。

阪神大震災の時は震度8、マグニチュードも7以上あったと思いますがそれに比べると比較的規模の小さい地震であったようで多少火事などもあったみたいですがそれほど被害が出たという報道もありませんでした。

今後余震や本格的な大地震が来るやもしれませんご注意ください。

水や食料などの確保もしておいたほうが良いでしょう。

家族が3日分食べられる食料と水があれば支援物資が届くまでなんとか生きながられるそうなのでこれから食料の確保が重要かもですね。

その他は避難する場所や家族との連絡のとり方を決めておいたり、何かあったら何処で待ち合わせるかを決めておくのも必要です。

地震の後は漏電による火災に注意

地震の後は火事が心配ですがガスなどは意外と元で止めてしまうので安全ですが、電気が盲点で気がついていません。家の中の家電製品や配線が劣化している場合などソコが熱を持ち発火につながることがあるそうです。

対策はブレーカーを落としておけば一先ずは安心です。

AMAZONで「地震火災の見張り番」という商品名で売られていました。

ブレーカーにつける地震が来た時に切ってくれる装置で、ボール状で地震の揺れでボールが落ちて重みでそこに繋がっているブレーカーを切るという仕組みです。

仕事中などすぐに駆けつけることが出来ない場合など効果があります。

盗難にも注意

後は震災後の盗難に気をつけるくらいでしょうか。安全と言われる日本でも東北の震災や阪神大震災でも盗難は結構起こりました。(特定の外国人が行なっていたようですが・・・)

なので出来るだけ金目のモノは家に置かないというのが良いかもしれません。

最後に

ベタな震災についての情報ですが、今一度考え直すのも良いかもしれません。

ご家庭に眠る古いもの買取ます

にっこにこ太陽古美術店イメージ春画や浮世絵、昔のおもちゃ、武具甲冑
   茶道具や掛け軸などの骨董品や古いもの全般 買取
   処分をお考えの物ががございましたらご連絡ください

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

ご家庭に眠る古いもの買取ます

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。