茶道具や掛軸など骨董・古美術品 買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

遺品整理 買取の裏側教えます

遺品整理品の買取りいたします

このようなフレーズで遺品整理をしている業者はたくさんいますが、実際その殆どはゴミ屋敷などの処分をするゴミの処分屋です。

遺品整理を謳う業者は多いが殆どがこの様に、ゴミとして処分しか出来ないところが殆どで、骨董品と判断できても知識が少ないので本来の価値で買取することが出来ないのが現状です。

ネットで「遺品整理」で検索すると殆どが遺品を買取るのではなくゴミ処分をメインに行なっている会社で、ついでに骨董員があれば買取りますよというスタンスです。

まずこのような業者では、もし骨董品が見つかっても見分けられないので、その時は当社のような骨董品を扱える人を呼びます。

当社も良く呼ばれますが、大体目ぼしい物は先に買取られているか持ち出されたあとなので買取できるようなものはありませんでしたが(笑)

遺品整理するなら順番が大事

お引越しや家の解体などで古いものを処分しようと思うなら、いきなりすべてを処分してしまうのではなく。

入る物といらない物を仕分けしてまとめます。

まずは骨董品を取り扱う業者を呼びましょう。

なぜなら不用品で一番高値が付くのが骨董品でそれを見極められるのが骨董品屋にしか出来ないからです。

金やプラチナ、ブランド品なら基準があり、再販価格もしっかり出ているので誰でも買取ることは出来ますが、骨董品は再販価格だけでなく無限大にあるジャンルの真贋の見極めができないといけません。

次にリサイクルショップです

骨董品を買取って貰ってから、家具・家電やブランド品などの中古品を扱う業者を呼ぶかお店に持ち込みます。

コレで粗方古いものの処分が終わりました。

最後に持ち込むところがあります

コレはあまり知られていませんが貿易商品です。

今までは「メイド・イン・ジャパン」でしたが今は「ユーズド・イン・ジャパン」と言って東南アジアの国では日本で使われた中古品を求めています。

東南アジアにも中国製品が大量に入って来ていますが、直接中国から入ってきたものは粗悪品が多く使い物にならないのだそうで、一旦世界一品質にキビシイ日本人が使ったものなら幾らメイド・イン・チャイナでも安心出来ると大人気です。

こういった貿易品で買取ってもらえるのは、食器(使い古しでもいいが、キズの入っていないものに限る)、壺や花瓶などの陶器類、一部の家具類、一部の家電など。

遺品整理品の買取りなら当店にお任せください

お祖父ちゃんやお祖母ちゃん、お父さんやお母さんなど、今は亡きご親族が大切にしていた骨董品やお着物など処分に困って居られる方は多くいます。

「故人が大切にしていたが、そんなに価値がない気もするので捨ててしまおうかと考えてはいるのだが、捨ててしまうのはチョット・・・」とお悩みのご相談をいただきます。

骨董品のやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店では「古いものを次世代に繋ぐお手伝い」をモットーにそんな古いものを買取することで無駄に捨てられてしまう古いものを救済してきました。

 

遺品整理品の買取はお任せください

亡きご親族の遺品整理品の処分をお考えなら当店にお任せください
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。

遺品整理品の買取はこちら

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

遺品整理品の買取はお任せください