骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

花見の時期が来ますね

160 views
約 2 分

もうすぐ桜が咲きそうですが、先日行った久保惣記念美術館の庭ではキレイなしだれ梅が満開でした。

桜は日本人が好きな花で世界中から桜の時期には観光客が来ますが、私は桜より梅のほうが好きで、特にしだれ梅がいいですね。

梅には緑、白、ピンクの三種類の花が咲くのですが、やっぱり梅らしいピンクが好きです。

桜は満開になるととても華やかできれいなのですが、それが却って仰々しく見えるのでしっとりした梅がいいなぁとおもうのです。

日本で桜を見るのが花見と言い出したのは豊臣秀吉が奈良の吉野の1,000桜を見て「一目千本」といったのが始まりでそれが庶民に伝わり、桜は咲いてズグに散ってしまう儚さが武士の潔さと重なったと考えられて日本人の意識にマッチして広まったのでしょうね。

それまでは花見といえば梅で和歌などにも梅のことがよく出ています。

古道具屋なので古いものが好きという訳でもないですが、店主杉本の実家では今でも白い梅が咲きます。それに私の部屋から窓を開ければこの時期梅見が出来たので、花見といえば梅になってしまいました。

桜は雨にも弱く、満開になる前に雨が降れば散ってしまいお花見するタイミングは開花に合わさないと出来ないということもあり、サラリーマンなど休みが決まった人には不向きだと思います。

また、開花時期になると一斉に人が押し寄せ嵐のように去っていきます。なので桜を見る時は花が散ってから見に行くようにしています。意外ときれいなんですよ、花が散ったあとは葉桜の緑が綺麗ですし何より人がいないのがいいです。

だから花見は梅を見に行ったほうがいいかもしれません。梅は雨で散ることもないので長く楽しめますし桜のように仰々しくもありません、しっとりとした日本人の心のような美しさがあり休みに合わせてゆっくり鑑賞できる所が良いと思います。

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。