骨董品買取いたします

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

銀瓶(ぎんびん)ってナニ

2514 views

大阪なら笑福亭銀瓶(ぎんぺい)さんという落語家がいますが、茶道具のお話です。

銀でできた薬缶のこと

銀瓶とは大雑把に言うと銀でできた薬缶、鉄でできているのは鉄瓶(南部鉄瓶が有名)金で出来ているのは金瓶という。

鉄瓶は中国の煎茶道で味があると言って大人気で高値で取引されていましたが、今ではそのブームも過ぎ去り以前の価格に落ち着いてきました。

そんな銀瓶は茶道のお点前や煎茶道の湯沸かしに使われています。

作り方は一枚の銀の板を木槌で叩いて形作っていく方法と、銀を溶かして作る鋳造の方法の2パターンがあります。

中には黄銅製のものに銀メッキを施したものもあります(そんなものでも銀瓶と書かれているので注意が必要)。

銀瓶を始め骨董品はそのものの価値にプラスして造られた年代・状態・作家銘・装飾・彫刻・共箱の有無などが大きく左右し共箱であるのはもちろん、家元の箱書きや花押の押された銀瓶は高価なものが多いです。

有名な作家

秦蔵六、中川浄益、木村清雲、石黒光南、北村静香、一松斎、良則、真鍋静良など

使い方

茶の湯の世界では銀で出来た湯沸かし(薬缶・水注)を指す。

茶道ではお盆点前や茶箱の点前、千歳盆点前などで使用します。

煎茶道ではお茶の味を変えると言って鉄製の薬缶などを使わず土瓶を使うのですが、銀瓶はお湯の味を変えないため煎茶には最高で最適な道具とされており煎茶道ではボーフラの代りにお湯を沸かすために使用。

保管や使用方法について

銀は融解温度が低いため空炊きや高温の火にかけると変形や変色し取り返しがつかなくなってしまいます。
長く使わないまま放っておきますと黒ずみが出てきます。黒ずみが出てきますと価値も半減しますので、使用後は水気を柔らかい布で拭きとりビニールの袋などに入れておくと硫化を防ぐ事ができ黒ずみも出にくくなります(これは銀メッキのものも一緒です)。

そういった手間のかかるからと放ったらかしにしていると取り返しのつかない事になるかもしれませんので、もしお使いにならない銀瓶がありましたらぜひともお売りください。

 

銀瓶など茶道具の買取はお任せください

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

茶道具の買取はこちら

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

銀瓶など茶道具の買取はお任せください