にっこにこ太陽古美術店のやさしい買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

銀瓶ってなんなの

98 views
約 3 分

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク銀瓶とは

主にお湯を沸かす道具で、煎茶道などでは鉄瓶だと鉄分が溶け出しお茶の味を変えるということで陶器の道具を使ってお湯をわかすのだが代わりに銀瓶を使用することもある。

なぜかお湯を沸かす道具のことをボーフラと呼ぶ。流派によって「保夫良」「保宇夫良」などと書くことも有る。

今の時期なら蚊の幼虫のボーフラと間違われることが多いが、形がかぼちゃに似ていたこともありポルトガル語でかぼちゃのことを「abobora」と呼ぶことからソコから転じてボーフラと呼ぶようになったらしいが、真相は分からない。

素材が銀で出来ているという事もあり高価なものが多い銀瓶ですが、中には真鍮や鉄に銀メッキしたものも有るのですが、それらはそれなりの値段にしかならなりません。

すべて銀で出来ているものなら基本的、裏に「925」「純銀」などの刻印があります、もしなければメッキの可能性が高いです。ただ古い時代のものなら刻印がないものもあり見分けはなかなか難しいですが、我々骨董屋が見極めるときに使うのが「音」なんです。

銀で出来ていれば蓋などを本体に当てたとき「甘い音がする」といいます、これは柔らかい音なのですが銀以外のものなら硬い高い音がするのです。

残念ながら音を文章で説明するのは難しいのですが、甘い音がするのです(笑)

もしご自宅に銀製品があれば当てて音を聞いてみてくだだい違いが判るかもしれません。

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク銀瓶の工房

鉄瓶なら工房もたくさんあるのですが、銀瓶を専門にしているという工房は殆どなく、鉄瓶を作っている工房が銀瓶や金瓶を作っているという所がほとんどです。

有名なところに、龍文堂、亀文堂、蔵六、大国、金龍堂、金寿堂、英青堂、雲色堂、尚美堂、祥雲堂などがあります。

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします

昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

メールでご相談

LINEでご相談

        ↓↓フリーダイアルをクリックで担当者と直接相談出来ます↓↓

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。