骨董品 買取のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

マニアックなモノの蒐集

109 views
約 5 分

にっこにこ太陽古美術店イメージ好きなものを集めるのって楽しいです。

店主の杉本は本が好きでよく古本屋さんに行きます、と言ってもブックオフなどの新古本を扱う古本屋さんではなく東京なら神保町、大阪ならかっぱ横丁など古い本を売っているところに行きます。

そこには街の本屋さんでは売っていないような面白い本が並んでいたりするんです。

今の本屋さんでは売れる本しか置いておらず売れない本は直ぐに返品されてしまうので何処の本屋さんでも同じような本しかありません、売れづらい本を置いておくスペースが無いからそうなるんでしょうね。

しかし古本屋さんに来る人ってマニアックな本を探しに来るので逆に売れ筋の本を置いてません間違ってもベストセラーになった本など緩衝材に使っているほどです。

艶笑落語の本

落語好きの店主が最近買った本「定本 艶笑落語 続編」800円でした。落語って聞くものですが意外と読んでも面白いんですヨ、演者が自分になるんで想像が膨らんでメッチャ楽しいです。

にっこにこ太陽古美術店の店主は古本ですが、その他だと面白いものを集めている人がいました。

同じ紙もので、文房具屋さんのペン売り場にある試し書きを集めているそうです。意外と面白いみたいで何故コレをかいた?と言うものやただの落書きであったり人間性が見られて面白いのだそう。

あとは人の日記を買う人や怖い話を1話100円で買い取ると言う人もいました。こうなると捨てるものって無いんじゃ無いかとすら思います。

一般的に骨董品を集め始めるなら古伊万里が良いと言われています。なぜなら収集している人が多く値段も安定していて飽きたら売却がし易いと言われているからです。

確かに流通量も多く見栄えがするので否定はしませんが、はっきり言ってブームは去っています。これからは値段が下がっても上がることはないでしょう。

にっこにこ太陽古美術店イメージ骨董品を集める目的として一つは趣味、二つ目に投資としての目的があります。

一つ目の趣味として集めていたものは残った親族が確実にゴミ同然で処分します(笑)。なぜなら自分がオモシロイと思って集めていても周りは骨董品って古いし汚いしガラクタとしか見ていませんし価値があるとも思っていません。買取る業者もその事を分かっているのか足元を見て安く買い叩きます。と言ってもそんなに価値の無いものがほとんどですが。

二つ目の投資として、山梔子(くちなし)の花で染めた黄色い布で覆って、作りがしっかりした桐の箱に納めているようなお道具などがあります。

その箱も江戸時代以前に作られたもので煤けて黒くなっていたり、蔵番と呼ばれる管理番号が和紙に書かれたモノが貼ってあったりして、箱書きと中身が合っている共箱と呼ばれるような骨董品なら時間がたっても数が少ないので価値が下がりませんし、上る可能性が高いです。

そういったものは価格も数十万円から数百万円・数千万と破格でおいそれと買えませんし、またモノも出回りませんから手に入れるのも至難の業です。

にっこにこ太陽古美術店イメージ骨董品の蒐集って出来ないのか?

やっと本題のマニアックなものです。

コレは誰も集めないようなものを集めて行くというだけと言う至ってシンプルな方法です。

店主の知り合いに、秤(はかり)を集めている人がいました。こういった物でも年代で作りが変わったり作者にお上から「日本一」と言う称号を許されたりと言うことがあり調べていくだけでもかなり面白いです。

秤は物の重さを量る基準になる分銅なども集めておられました。コレは後藤分銅という分銅で主に両替商で使われていたもので金や銀の重さを測るさいに使われていました。

後藤分銅とは後藤家だけが幕府から製造することを許されていた分銅で、彫金や鋳造に長けた人だったそうです。

サイズも数グラムから1キロ位のものまで13種類あり、コレは5両というサイズです

後藤分銅5両

その他、仏具の鉦(かね)を集めるという人もいました。

鉦はお能を演じる時に小さめのものを持って鳴らすという演目もあったりするのですが、集めているという人は聞いたことがありません。

コレも先程の秤と一緒で年代や作者によって作風が変わったり、日本一の称号であったりと面白いです。

仏具の鉦京大佛住 西村左近宗春作

この鉦はにっこにこ太陽古美術店の店主の実家にあったもので裏に銘が入っており、「京大佛住 西村左近宗春作」とありました。(これらの銘が入っているものは珍しいそうです)

西村左近宗春(1624年~不明)京都の大仏殿(現在の東山七条)近辺に住んでいたとされる鋳物師

約400年前のモノですが意外と値段が安く5000円位でヤフオクで売られたいました(笑)

こういった物を集めると安くでコレクションが出来ますし、もし自分が居なくなったとしても家族も処分しやすいのでは。

古いものの買取はおまかせ下さい

ご自宅の整理をしてたら出てきた古くて良く判らないモノから
カメラやダイヤモンド、飲まないお酒などの嗜好品まで

にっこにこ太陽古美術店イメージやさしい買取いたします

いきなり査定は・・・という方は下記の方法でお問合わせ下さい

古いものの買取はおまかせ下さい

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。