茶道具や掛軸など骨董・古美術品 買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

泉大津市で茶道具の買取はお任せください

お稽古用でも、ご不要茶道具 買取ります

最近の若い人には茶道というと昭和のイメージで古臭いように思う方も多いです。

確かに最近お茶やお花といった習い事をされる方は減っています、しかし全くのゼロではありません。

いつの時代でも伝統的な芸事など良いものは残っています。

茶道具 買取 泉大津

泉大津市で茶道具の処分をお考えでしたら、にっこにこ太陽古美術店ではお稽古用から家元の書付のあるお道具、千家十職の作品から有名作家のものまで幅広く査定が可能です。 もちろん査定だけのご依頼もOK、買取を依頼するかどうかは査定の後でお考え頂いて結構です。

千利休が生まれる前までは貴族の中で中国から伝来した物を使い煌びやかな茶会がスタンダードだったものを利休が確立したと言われる侘び茶の世界観。 それは無駄なものを一切排除し、時には割れのあるものさえ味があると茶会に使用されたとも言われています。

そんな「捨てるのも勿体ないし」かと言って「誰も興味がないし」とお思いの「茶道具」ですが、もしかしたら職人の個性が光る逸品の茶碗、使い込まれて渋みを増した銀瓶や鉄瓶のほか、釜や建水、水指、茶杓など茶道には様々なお道具を使います。

当店が買取強化中の棗(なつめ)

棗(なつめ)とは、茶道の茶器の一つで、抹茶を入れるための容器、木製で漆塗りが施された蓋物容器である。植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。

もともとは、中国から伝来したや薬などを入れていた漆塗りの器の一種から転用されたものという見方が濃厚。利休型とされる大棗・中棗・小棗が一般的な形でだが、もともとは黒塗りのシンプルなものを名物と言って重宝していたが、次第に朱色などが出てきたり螺鈿など、の装飾がなされたものが出てくるようになった。

茶事には、濃茶と薄茶とがあり、薄茶の際に使われる事が多い茶道具で、薄茶器全体をさす事もある。

にっこにこ太陽古美術店では ”茶道具のやさしい買取” をモットーに古い物を次世代に繋ぐお手伝いさせて頂きます。

 

茶道具の他にも買取可能なものがあります

 

泉大津市で茶道具の買取は当店にお任せください

お稽古用から千家十職のお道具や本格的な茶会で使用されるような家元の箱書きの入ったお道具など高価買取いたします

詳しい茶道具の買取はこちらをご覧ください

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

泉大津市で茶道具の買取は当店にお任せください