骨董品買取いたします

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

茶事において第一のお道具 茶掛け

751 views

掛け物について

茶道における掛け物といえば茶掛けと呼ばれる普段床の間に飾る掛け軸と少し趣向が違うものをかける。

まず、条件として床の間に飾って崇拝するのであるから崇拝できるものでないといけない。崇拝の意味は必ずしも高価であるとか偉い作家が書いたものであるとかと言うふうな意味ではなく、書画であれば書かれている内容が良くないといけない。

ただし、墨跡や消息などはその作者がどういった心境で書いたものかや誰と一緒に書いたものかなどの状況やその人自身の人格も問われてきますので少々面倒ですね。

茶掛けとして書かれたものとそうでないもの

茶掛けにははじめから茶掛けとして書かれたものと、他の目的で書かれたものを茶席の床の間に掛ける場合がある。

茶掛けとして書かれたもの

茶事用に書かれたもので茶匠やその周辺の偉いお坊さん、画家や書家なども頼まれて引き受けていたようです。

その他

あらゆる種類の書画の中から選ばれるもので範囲は非常に広くなり、その中なら行う茶会にふさわしいもの、寸法の程よいものを選びます。

掛け物の種類

茶会に使われる掛け軸の種類は大きく分けて書蹟(しょせき)、絵画、画賛に分けられます。

書蹟はさらに墨跡(一行物を含む)・古筆(懐紙・色紙・短冊をふくむ)・消息に分けられます

書蹟(しょせき)

墨跡

狭義と広義があり狭義では中国の宋・元の時代、日本の鎌倉室町時代の初期の頃に活躍した禅僧(主に臨済宗)の書をいい、広義には室町時代以降の禅僧の書や臨済宗以外の諸僧の書も墨跡として用いるそうです。

千利休は「道具の第一を掛物である」とし、さらにその中でも墨跡を筆頭に上げられています。したがって茶掛けの中でも一番くらいが高いものとして取り扱われています。

殆どは濃茶の席に掛けられ広間と小間の両方にかけられていますが、どちらかというと小間の方に掛けれれていることが多く、したがって墨跡だけは床の間に対し少々幅が広くても差し支えがないと言われています。

一行物

元々解りにくいお経を庶民でもわかりやすいようにと、一行にまとめて書かれたものです。

茶掛けとしては禅宗のお坊さんが書かれた書が尊ばれるのですが、これも茶掛けとして書かれたものと、茶の湯以前に書かれたものがあります。

古筆

茶掛けの古筆とは平安時代の中期から鎌倉時代へかけての和歌を書いた書の巻物や帖が分割して掛物になったものを対象としている。

この時代に書かれた懐紙や色紙・短冊も古筆の仲間として考えられている。

消息

文とも呼ばれ手紙のことを指します。

特に茶に関わる人物の書いた手紙を消息と呼び、日付や宛名などから歴史的な背景を思い浮かべその時代に溶け込み作者と一緒に茶会をしているような楽しみ方をするそうです。

絵画

唐絵

南北朝時代に足利貿易で多く輸入された。

その当時の唐絵は金襴・銀蘭・印金を惜しげもなく使って表装されていてとても豪華な作りで室町時代に渡来してきたものがそのまま江戸時代まで引き継がれ、ときの政治を行う為政者(いせいしゃ)達が宝物として大事にしていました。

今日の茶会でもその伝統は引き継がれています。

日本の絵画

元々室町時代の絵画は唐絵の水墨画により禅宗を中心に栄えましたもので、

茶掛けとして日本の絵画はあまり用いられていません、中心となるのは室町時代の水墨画、桃山時代から江戸時代にかけての諸派の絵画を様々な形で活用しています。

画賛

画賛とは禅宗の絵を書くお坊さんが仏教の説を説くために描かれた絵画に解釈をしたり、注釈を加えたり、あるいは絵の雰囲気を詩にした物が賛になります。これは五山文学の興隆によって出来たもので茶掛けを目的とした物ではありませんでした。はっきり茶掛けとしての画賛が出来るのは江戸時代の初期頃から、茶匠と画家と高僧が寄り合って禅機画に通ずる画賛を作られるようになりました。

 

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

茶道具の買取はこちら

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら