茶道具や掛軸など骨董・古美術品 買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取

茶道具 買取

茶道具の買取はにっこにこ太陽古美術店におまかせ

「捨てるのも勿体ないし」かと言って「誰も興味がないし」とお思いの「茶道具」ですが、もしかしたら職人の個性が光る逸品の茶碗、使い込まれて渋みを増した銀瓶や鉄瓶のほか、釜や建水、水指、茶杓など茶道には様々なお道具を使います。 千利休が生まれる前までは貴族の中で中国から伝来した物を使い煌びやかな茶会がスタンダードだったものを利休が確立したと言われる侘び茶の世界観。 それは無駄なものを一切排除し、時には割れのあるものさえ味があると茶会に使用されたとも言われています。 にっこにこ太陽古美術店ではお稽古用から家元の書付のあるお道具、千家十職の作品から有名作家のものまで幅広く査定が可能です。 もちろん査定だけのご依頼もOK、買取を依頼するかどうかは査定の後でお考え頂いて結構です。

お稽古用でも、ご不要茶道具 買取ります

最近の若い人には茶道というと昭和のイメージで古臭いように思う方も多いです。

確かに最近お茶やお花といった習い事をされる方は減っています、しかし全くのゼロではありません。

いつの時代でも伝統的な芸事など良いものは残っています。そんな茶道具の処分はお任せください

 

主な茶道具

にっこにこ太陽古美術店では ”茶道具のやさしい買取” をモットーに古い物を次世代に繋ぐお手伝いさせて頂きます。

茶道具の処分ならお気軽にご相談ください

フリーダイヤル

LINE査定 メール査定

出張買取 宅配買取

掛け物

千利休は茶事の際は掛物が一番重要な茶道具と位置付けこだわったという。

特に禅僧の書いた一部を抜き取り掛け軸にしたモノが良いとされ、「日々是好日」などが有名ですが、禅などの一文字のモノもある。

そのほかに、室町時代の貴族が散歩の時などに状況や気持ちを書いた「古筆切り」、有名な人の書いた手紙の「消息」なども茶席で茶掛として使われる。表具の形にもこだわりがあり中廻しの幅を狭めた形を利休表具と呼ばれる。

棗(なつめ)

棗(なつめ)とは、茶道具の一つで、抹茶を入れるための容器、木製で漆塗りが施された蓋物容器である。植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。

もともとは、中国から伝来したや薬などを入れていた漆塗りの器の一種から転用されたものという見方が濃厚。利休型とされる大棗・中棗・小棗が一般的な形でだが、もともとは黒塗りのシンプルなものを名物と言って重宝していたが、次第に朱色などが出てきたり螺鈿など、の装飾がなされたものが出てくるようになった。

茶事には、濃茶と薄茶とがあり、薄茶の際に使われる事が多い茶道具で、薄茶器全体をさす事もある。

茶入

陶器製で象牙で出来た蓋をつけた物をさし、主に濃茶を入れる際に使われる。

現在では濃茶を入れる陶器製の茶入(濃茶器)に対して、薄茶を入れる塗物の器を薄茶器(薄器)と呼ぶが、棗がこの薄茶器の総称として用いられる場合も多い。

茶釜

お茶席でお湯を沸かすための茶道具ですが、大まかに分けて夏用と冬用があります。 夏場は囲炉裏を使わず、風炉を使う事で熱がこもりにくく部屋が暖まらないように配慮した方法でお湯を沸かします。

なので、安定して風炉の上に置けるように耳がついているのが特徴です。

冬場は逆に部屋が温まりやすいように囲炉裏を使います。

囲炉裏では五徳と呼ばれる鉄の台の上に置いて下から炭で温めます。この場合の茶釜は台の上の置くだけなので、全体的に丸い形が特徴です。

新年を迎え始めての茶会を初釜、釜始めと言われるくらい切っても切り離せない存在とも言える。

炉縁(ろぶち)

10月初旬から4月下旬までの冬場は涼しいのもあり、部屋を暖める意味合いから囲炉裏を使用し茶会が行われる。その炉の炭櫃の上のはめ込む枠で、火気が畳に伝わることを防ぐ役割と、装飾の意味があります。 季節や行事に合わせて替えられる。

塗りもモノや木地のままのモノなど様々な模様のモノがあり、おもてなしの心を、一層引き立てる炉縁は、 季節や行事に合わせて様々なモノがあり、塗りのモノや木地そのままなどいろんなモノがあります。

三千家では、千家十職の一つ指物師の駒沢家が担当し香合や茶会で使われる棚なども担当している。

蓋置

茶事で釜の蓋や茶釜からお湯をすくう時や水差から水をすくう時に用いられる、杓子(しゃくし)を乗せておくための台、丸い筒型のものが多いが変わり種の形もある。

茶杓

抹茶を棗や茶入れからすくって茶碗に入れるための匙(さじ)。 普段は筒に収められており、この筒に「銘」(その茶杓に付けられた固有の名前)を記す。

昔は茶会のたびに新しく作るので保存しておく習慣がなく古い時代のものはあまり残されてはいない

茶杓と入れ物の筒は同じ竹から作られたものを良しとし共筒と呼ばれる。

茶碗

茶事のさい、季節やその時の趣向に応じて色んな形を使い分けている、お茶を喫するための容器。 お茶の愛好家の間では「一楽、二萩、三唐津」と言われる事もある。

そのうち、楽茶碗は三千家では専門に作る千家十職のうちの一つ「楽家」が担当している。

形にも意味があり、飲み口が狭いモノはお茶が冷めにくいので主に、冬場などの寒い時期に使われ、逆に飲み口が広く広がった茶碗はお茶が冷めやすく夏場の暑い時期に飲みやすい事から夏の暑い時期に使用される事が多い。

このほか、中国からの輸入品の唐物 天目茶碗、中国南宋官窯の青磁、朝鮮王朝時代の民間雑器の井戸茶碗 などがあり。

天目茶碗は室町時代に「宋(10〜13世紀)」から日本へ輸入されたとともに一気に大茶人の間で珍重される事になった。(曜変天目、油滴天目、玳玻天目)などが著名。

青磁茶碗は「南宋(今の杭州のあたり)」の宋官窯の青磁や、珠光青磁が有名。

井戸茶碗は朝鮮王朝時代の庶民が普段使っていた雑器を、日本の茶人が茶道具に見立てて珍重したので日本中に広がったもの。

風炉先屏風

茶事のさい釜の奥に置く屏風で背が低いのが特徴、 この小さめの屏風を置く事によりほかの道具を引き立てる役割もある。

高さ2尺4寸(約72cm)、片幅3尺5分(105cm)で蝋色の縁、五分角、鳥の子白張のものを利休形とよんでいるが、現在では様々な形のものが生まれている。

ちなみに利休形は小さめの京間を基準に考えられているので江戸間などの場合はもう少し大きめのものもある

煎茶道具

煎茶道に使われるお道具、ボーフラ、銀瓶、茶器なども高価買取いたしております。

 

にっこにこ太陽古美術店のロゴ

にっこにこ太陽古美術店では ”茶道具のやさしい買取” をモットーに古い物を次世代に繋ぐお手伝いさせて頂きます。

 

茶道具の他にも買取可能なものがあります

 

ご不要な茶道具や茶器

お稽古用のお道具から千家十職の作品や家元の書付のあるお道具など本格的なお道具まで茶道具・茶器処分はお任せください

茶道具

LINEやメールでもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

ご不要な茶道具や茶器