にっこにこ太陽古美術店のやさしい買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

骨董

概ね100年以上前に作られたものをヴィンテージやアンティーク骨董品とよぶ。

横から撮った山鉾

京都散策

先月、祇園祭で京都烏丸御池のあたりをウロウロしてましたら意外と面白いところがあったのでレポートしたいと思います。 本因坊 江戸時代、囲碁の家元として安井家・井上家・林家と並ぶ家元四家のうちの一つ。 江戸時代庶民の娯楽ながら今で言う茶道や華道...
トラック

なぜ骨董品の買取で無料出張が可能なのか?

その分乗せているからでしょ! はい他の業者はそうだと思いますが、当店ではホントに出張料を乗せていません。 なぜ同じ無料出張で費用を乗せていないのかというと、帰りか行きの途中でリサイクルショップを廻るから出来ることで、途中のお店で間違った金額...
ステルス・マーケティング

買取比較サイト‎は信用できない?

一昔前ならリ◯ルート、今ならヒ◯カクなどの買取店を比較するという名目で広告費を取るサイトがあります。 その他ならエ◯テン、ぐ◯なびなどの比較サイトがあります その店がホントに良い店なのか利用者のコメントが載っていたり星で評価するなど一見客観...
艶本

艶本は自分の中では世界遺産です

艶本(えんぽん)とよみます 江戸時代のいわゆるエロ本です。 ただ、男性がエロを楽しむためのものだけではなくファッション雑誌のように女性にも広く閲覧されていたのです。 当時お上は、この艶本を発禁扱いにされていたのでおおっぴらに出版社が発行する...
夏の火鉢

夏の火鉢の使い方

火鉢の利用方法 「夏の火鉢」「昼行灯」など役に立たない例えに使われる火鉢ですが、お問い合わせが多いのもあり骨董屋的に考えてみました。 基本的に買取は厳しいものが多く殆どが買取不可と考えてもらいたいのですが、昔からあるので捨てるのも忍びないと...
富岡鉄斎 京都の街に遺る足跡を探しに

富岡鉄斎 京都の街に遺る足跡を探しに

最後の文人 万巻の書を読んだと言われる最後の文人富岡鉄斎 絵を書くことは独学だった鉄斎は画題や技法を学ぶことはもちろん紙や墨、印などにも興味を持ち勉強していたそうですが特に印は自らを「印癖(いんぺき)」と呼ぶくらい大好きだったみたいで六百顆...
八橋蒔絵螺鈿手箱 尾形光琳作 国宝 東京国立博物館蔵

中古品と骨董品の違い

春になると多くなるお問合わせ 春になると多いのが雛人形と五月人形の買取依頼です。 みんな春になると飾るのが面倒くさくなってそのままになっている雛人形や五月人形のことを思い出すのかこの時期はよく問い合わせをいただく。 結果としてはお断りするこ...

ご相談はお気軽に

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。