にっこにこ太陽古美術店のやさしい買取

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

ボジョレーヌーボー解禁

74 views
約 5 分

今年も11月の第三木曜日になるとボジョレー・ヌーボーが解禁になります。

ボジョレーが世界一早く解禁されるということで日本で話題になったのが何時の頃かは判りませんが多分バブルの頃でしょう。

あの頃は何でも高いものや話題のものが持て囃されていたのでその頃だったと思います。

しかし、そのブームも去って毎年11月になれば今年の解禁日は何時だとか言うことがテレビで話題になりますが、今年は11月の第三木曜日が21日ですので20日の夜12時を超えた瞬間に解禁になります。

ボジョレーという言葉が日本に入ってきたときにはお祭り騒ぎで誰が一番早く飲むかと競ったものでしたが、今ではそんな気配すらありません。

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク そもそも熟成もしていないワインなど飲めたものではない

ワインに限らす日本酒でもそうですが醸造するお酒を仕込んで出来たてを飲むなど愚の骨董です。

出来て熟成期間を置くことでお酒もまろやかになり飲みやすくなるのです。

日本酒なら春ごろに新酒が出回りますが、そんなお酒は角が立ってイガラッぽくて飲めません、同じくワインも出来てのものなど飲めたものではありません。

日本人はとにかく出来たて採りたてと言うと新鮮で美味しいという観念があり、醸造酒でも同じ感覚で見てしまうクセがありますが100%間違っています。

確かに出来たてですが、完全に出来上がっていないのです、熟成期間を経てやっと完成なのですが、早いほうが美味しいと錯覚している人が多すぎです。

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク 新酒で飲めるものもある

たまに新酒と言ってありがたがって飲むテレビの番組もありますが新酒は出来上がってから半年くらい寝かせることで角が取れまろやかになりやっと出来上がりなのです。

蔵元の醸造技術で春の蔵出しそのままでも飲めるお酒を作る所もありますが、そんなお酒は時間が経つと今度は飲めなくなるのですが、どちらかと言うと、しっかり熟成期間を持たないと行けないお酒のほうが良いでしょう。

その他、ホントの蔵出しなどの新酒と言って売り出しているようなお酒は科学的に作られたもので、ホントの意味で醸造して作ったお酒ではないので何時飲んでもそれなりの味がしますが、戦後流行ったアル添酒と言って米の汁に工業用アルコールを混ぜて日本酒らしい味に仕上げたものがありました。

今ではその技術も上がり本物のお酒と変わらないようなモノが作られているので、パッケージを見なければそれなりの味なので判りませんが次の日にエライことになりますのでそのときには判りますが・・・。

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク アル添酒を飲む際には燗を付けて飲むといいです。

付け方は薬缶にお湯を張りその中にお酒の入った徳利を入れて湯煎をします、そうすることでお酒が温まって行く途中で添加されたアルコールだけが抜けていくので飲みすぎても次の日にエライことになりません。

コレはおすすめです。

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で銀瓶を始め掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のロゴマーク なぜボジョレーヌーボーなのか

フランスでは昔解禁日というのを設定していてそれが12月の15日でした。
しかしボジョレーヌーボーは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローと言ったメジャーな品種のぶどうではなくガメイ種と言うぶどうを使ってフランスのボジョレー地方で作られるようになり、その品種のワインはフレッシュで爽やかな味わいだったこともあり、もっと早く出荷させろと政府に掛け合ったことで11月の第三木曜日に解禁することが決まったそう。

しかしそのフレッシュな飲みやすさがフランス中で人気となり、誰が一番早く出荷できるかと競い合うようになりそれが世界中で話題となったそう。

そうなると一番解禁が早いのは時差の関係で日本が一番早かった事で流行り物大好きの日本人が飛びついたのが始まりと言われています。

毎年評価は最高と言われるボジョレーヌーボーですが、先程も言ったように醸造酒は出来上がってからある程度時間を置かないと熟成しないので角が立って飲めたものではありません。

最近でこそやっとワインを手軽に飲めるようになりましたが当時はワインと言っても良く判らない飲み物の部類だったので角の立って飲めたもので
は無いようなものでもこれがおフランス製なので美味いのだろうと皆んな飲んでいました(笑)

そんなヌーボーなど目にくれず、2・3年前のボジョレー・ヌーボーを安売りしているものを半額以下で買って飲むと熟成も進みまろやかになり美味しく頂けますし値段も格安で手に入ります。

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします

昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。また飲まないお酒の買取も行っていますので古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

メールでご相談

LINEでご相談

       ↓↓クリックで直接ご相談頂けます↓↓

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

大阪を中心に京都・兵庫・奈良の近畿圏で掛け軸や茶道具などの骨董品・古美術品・中国美術品などの出張買取でやさしい買取のにっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。