骨董品 買取なら大阪のにっこにこ太陽古美術店

茶道具や掛け軸などの骨董品や着物のやさしい買取

遊びが必要

213 views
約 6 分

にっこにこ太陽古美術店のファビコン世の中のほか人生にしても遊びが必要

車のハンドルも遊びがあるから気軽に運転ができる、ハンドルに遊びがないシビアすぎてまっすぐに走られない。チョット切るだけですぐに反応し、方向が変わりその変わった方向を修正するために又ハンドルを切らないといけない。それでまっすぐに走ることが出来ずフラフラと走ることになる。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン遊び心のない人は辛い

仕事にしても真面目一辺倒の人は面白みがなく皆んなから嫌われていることが多い。

それは遊びがないから、遊び心がある人は人を笑わせることを第一優先に考えていたりする。たとえ公的な書類を作るにしても内容には手を加えるわけにはいけないので、書類を留めるホッチキスの歯を赤や碧の色の付いたものにしてみるとか(公的書類だと、ホッチキスの色まで指定があるかもしれないので出来るかどうかは不明です)付ける付箋を工夫してみるとか、ちょっとした遊び心というのがいい。

にっこにこ太陽古美術店のファビコンそんな事に目くじらを立て文句を言う上司がいる。

大抵は仕事ができないボンクラで社内では煙たがられる存在だが、大企業になるほどそんな輩でもクビにできないのでノサバッているが大概は年の割に出世が遅い(大体30代で課長代理位に成る会社で50を超えて主任だったりする(笑))、会社もバカじゃないのでそれくらいは判るのでそんな待遇だけど、気が付かないので自分の事を評価できないと会社を逆恨みして最後まで居座り続け、定年間近でリストラになるパターンかな。若しくは定年まで行けてもその後はなく誰からも相手にされず、自分から連絡しても煙たがれれて始めて自分が嫌われていたというのを知るという。

店主の杉本もそんな上司と喧嘩して円満退社の道を選ぶ羽目になったので良く判る・・・。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン遊びといえば女遊び

遊び心と言ってもあらゆる方法がありお金を掛けてする遊びもあるが掛けなくても出来る。

どちらかと言うとお金を掛けないほうが自分の頭をフル回転してどうにかしてお金を掛けず自分の思うイメージに近づけるかと考えるのが楽しい。

お金をかければ誰でも簡単にイメージ通りに出来る。そんな簡単に手に入るものより苦労して手に入れたものの方がありがたい。

お金で買ったオネーチャンより、キャバクラに通って苦労して口説き落としたオネーチャンと一夜を過ごすほうがよっぽど楽しい。

最近だと紀州のドンファンというオッサンが居るが、あの人は気に入った女性に万札が入った名詞で一晩30万円で相手してして欲しいと書いたものを渡していたそう。

それだけお金を積めばお金で転ぶ人もいたでしょうから簡単に出来る人とだけお相手できたというだけで、面白いこともありません。まぁ経験が少ない若い人ならそれでも羨ましいでしょうがそんなのソープランドと変わりません、やってる場所が違うだけで付いているものは一緒です(笑)

キャバクラで口説いてやる方が遥かに面白いし頭を使いますが、水商売のオネーチャンもパターンがあるのでそのパターンが判れば口説くのも簡単なので、自分のことを嫌っている人を口説き落とすほうが面白いですね。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン人生においては遊びというものが必要であるが

オネーチャンを追いかけるのも良いかもしれないが40歳を超えるとそれも面倒くさくなってくる、所詮それほど面白いものでもないのかもしれない。60を超えてオネーチャンを追いかけているというものカッコが悪い気がする。その年になったらもっと知的な趣味に没頭して人から尊敬されているというのもいい。

確かに40位まではどれだけの女とヤッたかとか、どれだけ出世したかとか、どれだけ稼いているかがステータスになりそれが男の価値くらいに思っているが、それって嫁さんに逃げられる理由の上位でしかない。

  • どれだけの女とヤッたかなど浮気をどれだけしたと言うだけ。
  • 出生したということは家族をないがしろにした結果
  • 稼いでいるのも似たようなもの

奥さんを大事にしろというのではなく、離婚など子供に迷惑をかけるということ。

当事者同士の性格の不一致などではなく子供にとって親が離婚など悲しい思い出しかならないし、片親などもってのほか。そのためにも”お互いに”出世など望まず、どうしたら相手が喜んでもらえるかどうしたら嫌がるかを常に考えないと思う。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン遊びは文化的なものにかぎる

異性に惹かれるというのも判るが、それはないものねだりに過ぎない。

男と女にとって好きななる相手というのは自分にとって一番イヤな事をする相手だという、浮気されるのが一番イヤな人にとっての相手には、超モテモテの人が配偶者になることで浮気が多くなる。ギャンブルの嫌いな人には付き合っている時にはギャンブルで勝った時に羽振りがよくて、負けたときのシミったれた時の事が目に入りません。

私にとても羽振りよく奢ってもらえるというという事しか見えないのです。

それが結婚したらモテモテだったということはマメで異性を口説くのに余念がなかったと言うことで、羽振りが良いのは仕事して稼いだ金ではなくあぶく銭なので気前よく使えただけで、そんなのは殆どなかった事に気づくのです。

結婚してから目がさめるので気付くのです。

これらは極端な例ですが、婚姻届を出して始めて相手の素性がわかるので結婚するなら好きや嫌いでするのではなくこの相手なら我慢できるという基準でしたほうが良いですね、年をとって介護をする事になったら相手のオシメを替えられるという自信がないと止めておいたほうが良いですね。

特に洗い物すらしたことがない男性は・・・。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン遊びは勉強が良いでしょう

勉強って試験勉強や学校の勉強を思い出すでしょうが全くそんなことは関係ありません。

自分の興味のあることを調べるのも勉強です。

自分の住んでいる街の歴史を調べたり先祖のことを調べたり、好きな作家のことを研究したりなんでも良いと思います。

勉強って終りがありません、勉強して行けば行くほど色んな事を知り、その先に自分が何も知らないことに気がつくそうです。あることに関して調べていくとその調べている一部分に関して全く知らないことに気づき、その事をさらに追求していくことで泥沼にハマり永遠と勉強してくそうですが大体10,000時間勉強すると一端の先生になれるくらい知識がつくそうなのでそれくらい調べてみるのも面白いですね。

にっこにこ太陽古美術店のファビコン美術品の価値は自分が決める

世間の常識から言うと人気のあるモノは高額になるのですが、どちらかと言うと端物とよばれるガラクタを使って自分独自の世界観を作り上げるというのも面白い。

例えば蓋のない茶瓶を見つけたら、それに合う蓋を探して合せてオリジナルの茶瓶を作ってみる、その逆もしかり。

茶道具の銘々皿は大体が5枚一組だが、基準を決めて5枚バラバラな皿で銘々皿を作るなどお金を掛けないで楽しむ方法はいくらでもある。

そもそも茶道などそうやって独自の美の基準を持って茶会を開催していたのであり、幾ら千利休の教えといっても一期一会の精神から言うと違う気がする。

世間一般の常識などに囚われず自分の気に入った美術品が一番美しいいのであり気にする必要もないでしょう。

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵・春画などの古美術品、戦前のものや作家物の着物・帯・和装小物のやさしい買取買取 にっこにこ太陽古美術店のフリーダイヤル0120-34-2015

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。