骨董品買取|茶道具や掛け軸もお任せ「にっこにこ太陽古美術店」

大阪・京都・兵庫・奈良で骨董品など古い物全般の出張買取はお任せ

骨董品とは

0 views
約 4 分

日本の骨董品には定義がない

海外に骨董品という名前の訳にアンティークという言葉があります。

コレはフランス語で骨董品を意味する言葉だそうです。英語ならビンテージですかね。

アメリカでは1934年に関税法でアンティークとは「100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」をアンテークと呼ぶと定められたのが始まりで、イギリスなどのヨーロッパでもこの法則を取り入れられたので、アメリカに輸入される際に製造から100年以上経ったものという証明があれば関税が掛からないらしい。
同じ意味でヴィンテージとはアンテークと呼ぶには新しいがそれなりに古い物7・80くらい前のものまでをこう呼んでいるそう。

日本で言う100年前は1920年なので大正9年になります。

つい最近の気がしますがこのころ以前に作られたものなら、アメリカに輸出する際には関税が掛からないのですが、大正ってつい最近の時代な気がします。

骨董品にはそもそもカテゴリーがない

日本では関税法のような物がないので、例えばブリキのおもちゃでも骨董品として扱いますし、室町時代の信楽焼きの茶壺も骨董品です。

茶道具も利休が使っていたような時代の唐物から現代の名工が作った作品もカテゴリーに入ります。

掛け軸なども同じで奈良時代に書かれた書画から現代の作家が書いた作品も入ります。

どちらかと言うと古いものと云うより美術的価値の有るモノが骨董品として扱われている気がします。

アメリカやヨーロッパのように数百年の歴史しか無いような国ではそうやってしっかりと定義しないとごちゃごちゃになるのでしょうね。

日本では千年以上前のものでも普通に街の骨董店で買えたりもしますし、数百年前くらいならつい最近の感覚があるので定義しないのかもしれません。

骨董品イコール美術品?

日本では骨董品に関わる法律やその他の分け方などがないのでが現状ですが、大まかに下記のようなモノが骨董品と呼ばれているようです。

  • 古い時代に作られたもの、出来れば江戸時代以前。
  • 工芸品、茶道具、掛け軸など
  • 誰もが欲しいと感じるもの

などのカテゴリーに入るものを骨董品と呼ぶのでしょう

骨董品屋にとって古い時代に作られたというのは、昭和以降に作られたようなものは最近作られたと感じるからでしょう。骨董屋は大体が昭和に生まれています。

工芸品や茶道具は繊細な日本人の感性と技術で作られているので機械で作ったものにはない魅力があるからです。

誰もが欲しいというというのは判りにくいので説明しにくいのですが、結局は高く売れるものということです。世の中には好事家がいますのでその人達がほしいと感ずるものが「誰もが欲しい」という意味なのでしょう。

その他骨董品には最近作られたものにはない経年を経て出る味のようなものもあります。

そういった物をジックリと眺めていると、その骨董品が培ってきた年月や所有していた人の思いなども引き継がれているのでそんな事を考えながら眺めているのも楽しいひと時になるのではないでしょうか。

 

骨董品の買取はお任せ下さい

ご家庭に眠る骨董品・古美術品から古いもの全般 買取いたします
昔から家にあるが古くて良くわからないお道具類から茶道具や掛け軸などの骨董品、浮世絵などの古美術品の査定も行っておます。古いもの処分する前に先ずはご連絡ください。

骨董品の買取はこちら

いきなり電話は・・・という方は下記の方法でもご相談頂けます

メールでご相談はこちら

LINEでご相談はこちら

骨董品の買取はお任せ下さい

Comments

コメント

私がこの記事を書いています

にっこにこ太陽古美術店やさしい買取担当の店主杉本 昭博
古いもの大好きで経験豊富な鑑定士が鑑定いたします。
お部屋の片付けやお引っ越しで出た骨董品 買取いたします。茶道具や掛け軸、着物ほか浮世絵、刀剣類など古美術品の全般、大阪府岸和田市を中心に近畿圏内出張料無料でお伺いいたします。条件が合えば全国に出張可。
お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に

フリーダイヤル

家にあるものちょっと査定してみようかなと言うご相談などにご利用いただけます。
まずは登録してください。
写真を撮って送るだけで大まかな査定が可能です。いきなり査定はという場合に
お気軽にご相談下さい。
古いものが大好きな店主が出張買取にご自宅までお伺いします。もちろん出張・査定料ともに頂きません。
遠方の方や、ご自宅に来られるのはちょっと・・・、とお思いの方に
オススメな買取方法です。